意外と難しい!?従業員が育休・産休時の会社が行う手続きと届け出の流れ

育休画像

近年共働き世帯は増加の一途をたどっており、仕事を続けながら出産・育児に臨む女性が増えています。そのため、会社でも産休や育児休暇を取得する社員が出てきて、実際に社員から申し出を受けた際に、どのような手続きをとっていいのか戸惑ってしまうかもしれません。

ここでは、産休や育児休業の取得において、会社としてどのような手続きをとるべきなのか、産休に入る時から育児休業を終了するまでに必要な手続きを5つに分けてご説明していきます。

手続きにもれがないよう、しっかりと理解しておきましょう。

続きを読む

社会保険はどうなる?正社員と副業の2箇所から給与をもらうの場合!

会社画像

「会社だけの給与では物足りない」
「副業してもっと自由に使えるお金を増やしたい」

このようなことを思ったことはありませんか?

最近は、本業の他に副業をしている方が増えていますが、「社会保険ってどうなるのかな?」と疑問に思う方が少なくありません。

副業した場合社会保険はどのようになるのか、誰にも相談できずにうやむやにしている方のために、副業で社会保険に加入しなければならない条件や、その際の手続きなどについてご説明していきます。

また、副業で社会保険に加入するとどのくらい社会保険料の負担が増えるのかモデルケースを用いてご説明していきます。

続きを読む

社会保険と労働保険の手続きの流れと加入条件の違いを比較!

手続きの流れ画像

従業員を社会保険や労働保険を加入させるためには、まず会社を適用事業所にするための手続きを行い、それから一定の条件を満たした従業員を加入させる手続きをとります。

社会保険には健康保険、厚生年金保険、介護保険があり、労働保険には労災保険、雇用保険があります。それぞれ、従業員にとって大切な補償となるものであるため、手続きもれのないように、手続きの流れや加入条件などについてしっかりと理解しておきましょう。

続きを読む

「社会保険料を滞納してしまった」延滞金や差し押さえまでの流れ5ステップ

社会保険と会社画像

経営者にとって、社会保険料の納付は年々負担が増しているといわれています。社会保険は従業員を雇った場合は原則加入しなければならず、従業員数が多くなれば多くなる程企業の負担も大きくなっていきます。

近年は、こういった納付の負担もあり、社会保険に未加入であったり、社会保険料を滞納してしまったりする企業が少なくありません。そこでここでは、社会保険未加入の場合のデメリットや、社会保険料を滞納してしまった場合のリスクや対処方法などについて説明します。

続きを読む

どちらがお得?社保と国保の違いを簡単まとめ【起業や転職する方必見】

違いを学ぶ画像

勤めている会社を退職し、起業したり転職したりする方にとって大切な手続きの1つに、健康保険があります。会社に勤めていた時は社会保険に加入していても、退職となるとその後どうするかを考えなくてはいけません。

通常、退職後は国民健康保険に加入するか、退職前の社会保険を任意継続するかどちらかを選ぶことになります。しかし、選び方によって負担する保険料に大きな差が出ることも多々あります。

ここでは、社会保険と国民健康保険の違いや、具体的なケースを用いて国民健康保険と任意継続とではどちらがどの位お得なのかを説明します。

続きを読む

3分で納得!労働保険と社会保険の加入手続きを分かりやすく紹介

会社画像

会社を立ち上げ軌道に乗ってくると、従業員を雇い入れることを考えると思います。初めて従業員を雇用するときには、色々な手続きが必要となりますが、労働保険と社会保険に新規加入することも大事な手続きの1つです。

ここでは、労働保険や社会保険とはどういったものなのか、その加入方法や手続き方法はどのように行うのか、必要な書類はどのようなものかなど、すぐに実務で使える情報を分かりやすく説明します。

続きを読む

社会保険に入りたくない!社会保険料を払わなくても良い4つの事例

入りたくない画像

企業が人を雇用すれば社会保険料の支払いが発生します。企業側であれ従業員側であれ、社会保険料を払わなくてすむなら、それにこしたことはありません。企業側は従業員と概ね折半で厚生年金保険料・健康保険料・介護保険料・雇用保険料を、また、企業側の全額負担で労災保険料を支払うことになります。

日本は超高齢化社会へと突き進み、社会保険料の負担はますます増大していきます。本稿では、社会保険料の支払いに喘ぎ悩み、極限まで社会保険料を抑える方法を模索する企業(事業主)のために、社会保険料を払わなくても良い方法をご紹介します。

続きを読む

社会保険を安くしたい!経営者が合法的に節約出来る方法

社会保険画像

経営者の皆様にとって、従業員の「社会保険料」は大きな負担になっています。破綻を回避するために厚生年金の保険料も大きく上がり、お悩みの方も多いでしょう。

そこで今回は狭義の社会保険(健康保険・介護保険・厚生年金保険)の保険料を、合法的にできるだけ安くする方法をご紹介します。なお、広義の社会保険の中には「労働保険」(雇用保険と労災保険)もありますが、こちらは従業員の給与に完全連動していますので、節約のハードルは高いです。

続きを読む

社会保険料の節約方法!重い負担を減らす4つの方法とは

ビジネスマン画像

社会保険料は起業して法人化すると社長一人であっても強制加入になります。規模の小さい起業したての会社にとって非常に負担の重い費用となります。しかもずっと支払いが必要です。できれば少しでも節約したいものです。

ここでは、社会保険料を節約する方法について考えてみます。

続きを読む

パート・アルバイトの社会保険は義務?加入条件と手続方法

ビル画像

「パートやアルバイトで働く場合、社会保険に入らないといけないの?」という疑問がよく聞かれます。この疑問には、社会保険はフルタイムの人(正社員)だけが入るものといった認識からくるものだという認識が一般的だからではないでしょうか。

実はパート・アルバイトであっても社会保険に加入しなければならない場合があるのです。また、パートなのだけれど社会保険に加入したいと思う方もいるのではないでしょうか。今回はパートやアルバイトにおける社会保険加入の基本について説明していきます。

続きを読む

© Copyright 2017 起業サポートオフィス. All rights reserved.